2018年03月18日

ワンダフルワールド通信98号 2018年3月発行

ワンダフルワールド通信98号 2018年3月発行
◇第1回ジャズ大賞、文部科学大臣表彰のダブル顕彰
  外山夫妻初めてのニューオリンズ訪問から50年 デキシーセインツ結成43年…みんなまとめてお祝いするコンサート
「外山喜雄とデキシーセインツの素敵な仲間たち」 2月10日、300人を超える満員の観衆を集めて東京・銀座ヤマハホールで開催
◇外山喜雄とデキシーセインツを彩った仲間たちが次々登場 外山夫妻ジャズ人生、たっぷり3時間、
 50年の夢が蘇る 遠来のお客様も多く300超の全席満杯の聴衆で詰め尽くされる
◇外山夫妻「初めてのニューオリンズから50年」 「外山喜雄とデキシーセインツの軌跡」
◇<海外からお祝辞 コングラッチュレイション!>
 ニュ―オリンズジャズ博物館 グレッグ・ラムバウジーさん
 ジャズ歌手 ヘレン・メリルさん
 ジャズ評論家 ダン・モーガンスターンさん
 ニュ―オリンズ、タイムス・ペキューン紙 シーラ・ストラウプさん
◇「新春!デキシーランド・ジャズ・ジャンボリー」華やかに開催 1月13日、東京・目黒のめぐろパーシモンホール大ホール
◇秋満義孝、五十嵐明要両氏ともども外山喜雄さんに「文部科学大臣表彰」 1月15日、文科省大臣室で晴れの表彰式
◇3年ぶり!久々のWJF懇親クリスマスパーティー開催
 12月17日、オリエンタルホテル東京ベイのHUB浦安
◇ジョージ・アバキアンさん、ニューヨークで逝去、98歳 外山夫妻とも強い絆で結ばれた伝説の大プロデューサー
  昨年の JAZZ JAPAN 誌12月号に寄せた外山さんの追悼文
◇ご寄付と嬉しいお便り
ワンダフルワールド通信98号こちら
posted by WW通信 at 14:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンダフルワールド通信 No.97 2017年12月発行

ワンダフルワールド通信 No.97
◇会報「ワンダフルワールド通信」100号記念への歩み
『ジャズ大賞』受賞にふさわしい活動が浮き彫りに
◇WJF発足時(1994年7月)に生まれた会報「ワンダフルワールド通信」は、ほぼ春夏秋冬の季刊誌として発行を続け、 来年秋には100号の記念号を迎える。その間、外山夫妻とWJFの動向はこの会報で可能な限り伝えられてきた。それら を振り返ってみると、まさに「ジャズ大賞」を受けるにふさわしい外山喜雄さんと彼を支えてきた恵子さんの献身的な活動 がクローズアップされてくる。100号記念直前の「ジャズ大賞」受賞を機に第1号発行以来、愛情をこめて発行に取り組んでこられたお二方と、1994年7月の第一号からの会報編集長、山口義憲さんに会報の生い立ちと現在に至った歩みを語っていただいた。(聞き手は編集担当小泉良夫)
◇ジャズ大賞・・石井一会長から愛情のこもった授賞の“前置き”ご挨拶
  将来につながる“登竜門”としての「ジャズ大賞」
◇<石井一さんとジャズ>
石井一さんといえば、1969年初当選以来政界で活躍、国土庁長官、自治大臣、国家公安委員会委員長を務めるなど、豪快な政治家として知られている。石井さんのお父様、石井廣治さんは、日本マーキュリーの社長として1953年、不滅のジャズグループJATPを日本へ招聘し、日本にジャズブームをもたらした立役者だ、他。
ワンダフルワールド通信97号 こちら
posted by WW通信 at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

ワンダフルワールド通信 No.96 2017年10月発行

ワンダフルワールド通信 No.96 2017年10月発行
◇ジャズレコード100年記念、WJF 新シリーズ第2、3回例会(通算第63回)
  サッチモの「この素晴らしき世界」から50年 &生演奏でたどるサッチモの軌跡と、ジャズレコード100年への貢献
◇特別例会シリーズ第2回は「What a Wonderful World」特集 次々と映し出されるサッチモの超レア映像 「最初に聞いたとき、なんだかキラキラ星のような曲」と恵子さん
◇ボーイ・フロム・ニューオリンズ 〜サッチモの一生の物語〜
◇外山喜雄・恵子のラッパとバンジョー片手の特別シリーズ例会(第3回) 豪華な特別ゲストを迎えて「サッチモのジャズ事始め」 9月30日、御茶ノ水のアテネ・フランセ文化センター4階ホールで開催
◇ニューオリンズにジャズの伝説を訪ねてA 『ジャズ誕生時代の“化石”』があちこちに
◇佐藤修さんのお話から… 絶大な認知を経て Jass〜Jazz へ
◇外山さん、小澤征爾さんと遭遇! まさか?!の真夏の夜の夢 サイトウ・キネン・フェスティバルへ?
◇私の一枚  小泉良夫
外山恵子 Banjo & Piano First Leader Album KEIKO’S NEW OLEANS SPIRIT 『世界は日の出を待っている』
SPレコード盤の復刻録音で聴く “ジャズ 夏のはなしです” 〜宮沢賢治が出会った洋楽はやはり歌・ジャズ
こちら
posted by WW通信 at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

ワンダフルワールド通信95号 2017年8月発行

ワンダフルワールド通信 No.95
◇新シリーズ・ジャズ講座第1回、初のジャズレコード録音から100年! 「ラグタイムからJASS誕生まで」 7月1日、お茶の水・アテネフランセ文化センターで開催
◇ラグタイムの創始者、スコット・ジョプリンの特集で幕あけ 晴姿の外山夫妻も結婚式で連弾、会場で再現! 大ヒットした「メイプル・リーフ」&「ジ・エンターテイナー」
◇ドでかいラッパを備えた巨大蓄音機 100年前のSPレコード再生 タイムスリップして第2部がスター
◇シリーズ第1回例会のプログラムに紹介された ラグタイムからJAZZへの“歴史物語
◇第1部、2部の佐藤修さんのユニークなお話から〜
◇サッチモのこの素晴らしき世界 録音から50年! 8月5日(土) WJF例会で超レアー・サッチモ映像集を上映
◇サッチモ on 映像──映画スターとしての活躍も群を抜いている
  初登場は1932ベティーちゃんの漫画映画にアニメと実写でルイ・アームストロングこそミスター・ジャズの呼び名がふさわしい
◇私の1曲 サッチモの珠玉の名盤 中村 宏 防衛医科大学名誉教授
◇ニューオリンズにジャズの伝説を訪ねて@ ジャズの故郷の“図書館の虫”になった
◇ローリンズ先生、永年の社会貢献讃えられ バラク・オバマ特別功労賞受
こちら
posted by WW通信 at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

ワンダフルワールド通信 No.94 2017年5月末発行

ワンダフルワールド通信 No.94   こちら
ODJB-世界初のジャズレコード発売から100年
記念特集号 ニューオリンズとサッチモのジャズへの大きな貢献を考える
7月〜9月、アテネフランセでは新シリーズ・ジャズ講座も開催
◇1917年2月26日、NYで録音、78回転SP盤裏表2曲をビクターから発売
JASSバンドって何? 狂ったブラスバンドさ!
「デキシーランドJASSバンド・ワンステップ」と「馬小屋のブルース」

◇この音楽はいったいどこから来たのだ?!1910年頃から各地の新聞の話題に
もともとスラム街の教会やジャズ葬式、パレードから生まれた

◇新しい『JASS感覚』はニューオリンズが生み出した荒けずりな黒人感覚
薄味の『おいしい』メロディーを創り出したODJBの功績と限界
◇東京ディズニーランドに流れるラグタイム、1900年頃のアメリカがモデル
大ヒットとなったスコット・ジョプリンの「メイプルリーフ・ラグ」

◇バディー・ボールデン、パパ・ジョン・ジョセフ、キッド・トーマス、キング・ケパード、
◇キッド・オリー… ニューオリンズが生んだジャズ先駆者たち
◇ジャズがレコーディングされて100年…に寄せて
   宮沢賢治にも詩「岩手軽便鉄道 7月ジャズ」
━━特別寄稿:ジャズミーブルース ノラ 佐々木孝夫さん
◇ジャズジャパン2015年度復刻・発掘部門賞アルバム・オブ・ザ・イヤー受賞
定年後に買い始めたSP盤は1900枚!これらをもとに復刻盤CD
───SPレコード・コレクター、山本俊兵さん(会員)インタビュー
◇私のルイ・アームストロング観
佐藤修 (元日本レコード協会会長、日本ジャズ音楽協会理事長)
◇銀座の春を彩る「ジャズひな祭り」
  久しぶりに鈴木孝二さんも加わる
◇サー・チャールスさん宅に牧子夫人を訪ねて
生前そのままのお部屋に思い出の品々が…

こちら
posted by WW通信 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

ワンダフルワールド通信 93号 2017年3月発行

日本ルイ・アームストロング協会
ワンダフルワールド通信 No.93 こちら
◇1994年、WJF発足とともに始まった“銃に代えて楽器を!”の贈呈運動
トランペットに出会って偉大な一生送った“ジャズの王様”ルイ・アームストロング
サッチモに倣い銃と麻薬に囲まれて暮らす子供たちを救おう!
“ネバー・エンディング・ストーリー”22年…海を渡った楽器は840点超
◇サッチモが作ったジャズ ABC  外山喜雄
サッチモの演奏をすり切れるまで聴くことだ。
ウィントン・マルサリスも降参したルイの晩年の演奏!!
◇中村宏さん「私のジャズ遍歴」
 (防衛医大名誉教授、ジャズ評論家、賛助会員)
◇「新春!デキシーランド・ジャズ・ジャンボリー」 Vol.9
今年も伝統の5大バンドが競演、ゲストに北村英治さん
posted by WW通信 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

ワンダフルワールド通信92号

ワンダフルワールド通信No.92 こちら
◇クラシックの殿堂、紀尾井ホールで再び「ジャズの源流をたどる旅」
 「ビッグバンドの時代〜スウィングしなけりゃ意味ないね〜」
  特別編成の外山喜雄とセインツ&守屋純子率いる紀尾井ジャズオーケストラ
◇石井一・佐藤修両氏による日本ジャズ音楽協会が発足
◇“ジャズの王様” ルイ・アームストロングの功績Vol.1 外山喜雄
  スイング感と“ジャズ語”を世界に教え後世に伝える
◇サッチモ讃歌 サッチモを讃える有名人の言葉の数々
◇「サッチモ・サマーフェスト2016 シンポジュウム・リポート」
◇岡崎市の“ドクター・ジャズ”、内田修さん逝去
◇鈴木孝二さんとジャズの足跡
こちら
posted by WW通信 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

ワンダフルワールド通信91号

ワンダフルワールド通信No.91
☆「復興LIVE」デキシーセインツ&ヤングバンドが熱演
第26回定禅寺ストリートジャズフェスティバルin 仙台とタイアップ
☆「夫婦でジャズ50年」、原点のニューオリンズへ2人旅
☆横浜ちぐさでの「夫婦でジャズ」4回シリーズを華やかに締めくくる
「聖者の行進」にのって歌う〜サッチモの一生の物語〜
☆『ジャズを求めて60年代ニューヨークに留学した医師の話』
おめでとうございます!「中村宏さんの出版をお祝いする会」
☆愛知・岡崎にジャズあり!
内田修ジャズコレクション−三浦健仁
☆特別版「JAZZ NIGHT for KIDS」
銀座三越で子供たちとクールな夏休み
☆ジャズは下町の夏の風物詩
浅草ニューオリンズフェスティバル
こちら
posted by WW通信 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

会報 ワンダフルワールド通信90号

会報 ワンダフルワールド通信 90号
◇「サッチモとJAZZと私たち」の50年
外山喜雄・恵子“夫婦でジャズ“総決算の年”
大盛況となった第60回例会
◇ニューオリンズのリズムに酔いしれた
「NAGANO門前ジャズストリート」〜蓼科高原・標高1700m!ライブ
◇外山夫妻、単独渡米「サッチモ・ジャズフェスト」へ
6日、ジャクソン・スクェアでのサッチモサマーフェスティバルに出演
◇これは素晴らしい!と、称賛の書籍3点ご紹介
中村宏さんがジャズファン必読の秀作!
『ジャズを求めて60年代ニューヨークに留学した医師
の話』(DU BOOKS)
「ジャズ批評」に外山夫妻の特集記事・「ベスト・オブ・トランペット50」にも選出
◇ジャズ評論家、後藤雅洋さん監修CDマガジン
JAZZ VOCAL#5 ルイ・アームストロング発売中
◇宮沢賢治ファンに告ぐ!「宮沢賢治の作品にジ
ャズの詩があるのをご存知か?」
◇サー・チャールス・トンプソンさん逝く
◇ご寄付と嬉しいお手紙ありがとうございます
◇東日本台震災5 年目の「復興LIVE」
2016年9月11日(日)18:00〜21:00 定禅寺ストリー
ト・ジャズ・フェスティバル タイアップ・ステージ

90号 こちら

posted by WW通信 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

会報ワンダフルワールド通信89号

ワンダフルワールド通信89号 こちら
◇WJF特別例会『春のシュビドゥバ』─スキャット誕生90 周年
◇華やかに♪年の始めの…第8回『デキシーランド・ジャズ・ジャンボリー』
◇改築中の日比谷公会堂に代わって今年は「めぐろパーシモンホール」で満員御礼の開催
◇宇都宮「MIYA JAZZ INN 2015」
  今回もジャズ、餃子、カクテルを堪能
◇10 周年を迎える「斑尾ジャズ」
◇中学生を感動の渦に巻き込んだ外山喜雄とデキシーセインツ
  千葉・松戸市立松戸六実中学校で“ジャズ出前公演”
 会報PDF
◇ 今年は、ジャズ・フェスティバルで人気です!
5月14日新宿ジャズ・フェスティバル新宿楽しい春のジャズ祭り
5月28日長野門前ジャズ・ストリート
7月30日軽井沢ジャズフェス(at 軽井沢大賀ホール)
7月31日横濱旭区ジャズ祭
8月24、25日浅草ニューオリンズ・ジャズ祭ゲスト出演
10月中旬横濱ジャズプロムナード
11月5日宇都宮ミヤジャズイン
11月23日吉原郷之典さんのビッグバンド・コンサート
スウィンギンハードorch ゲスト(at 宇都宮)
5月から8月横濱ちぐさ会主催、外山喜雄、恵子
夫婦でジャズ50年、4回シリーズ
7月2日 日本ルイ・アームストロング協会主催
「サッチモは世界を廻る」完全字幕版上映と講演
posted by WW通信 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

ワンダフルワールド通信88号

会報ワンダフルワールド通信88号 2016年1月発行  こちら
◇クラシックの殿堂「紀尾井ホール」で初の主催ジャズコンサート
“ジャズの王様”サッチモの世界を存分に再現!
前田憲男さん、白石信さん…重鎮ゲストがデキシーセインツと共演
露木茂さんの円熟した司会
◇画期的なジャズコンサートも成功!この上なく光栄なことと皆様に感謝。
実を結んだサッチモ生誕100年記念などWJF数々の活動 ──外山喜雄・恵子 “
◇日本のジャズ界にルイ・アームストロング再評価の波 
大きな力となった瀬川昌久さんの存在と、日本ルイ・アームストロング協会の活動
◇〜ジャズを楽しむ夕べ〜入間で第14回『ジャズ入門講座&交流会』
瀬川昌久さんが外山夫妻と「ルイ・アームストロング物語」
◇ルイ・アームストロング大特集4枚組CDの「SP復刻盤シリーズ」
◇是非、昼下がりの銀座…特別例会にご出席を!!!
サッチモの初スキャット誕生から90周年記念!
日本ルイ・アームストロング協会特別例会『春のシュビドゥバ』
◇ご寄付と嬉しいお手紙 ありがとうございます
<宮城健さんからまた素敵なお便り>
<紀尾井ホール制作部長、山口真一さんから>
こちら
posted by WW通信 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

ワンダフルワールド通信87号 サッチモの旅特集

この号は2015年「サッチモの旅」特集です
こちら
◆TBCブラスバンドに迎えられてルイ・アームストロング国際空港入り
到着ロビーを揺るがすサウンド…踊り出す乗客の女性も
◆今年もやってきました「ルイ・アームストロングの“お盆”」
ヤンキースタジアムへ11人! ヘレン・メリルさんとお食事組も
◆シグさん撮影─こんな素晴らしいサイン入りレア写真があった!!
1963年4月…ダンスに興じる島津貴子さんとサッチモ
◆タイムズ・ペキューン紙、シーラ・ストラウプ記者
長年にわたる外山喜雄・恵子夫妻のサッチモ、ジャズ、ニューオリンズへの愛を讃える
  会報87号
posted by WW通信 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

会報ワンダフルワールド通信86号2015年8月発行

ワンダフルワールド通信86号2015年8月
◆WJF21周年記念特集
 Wonderful World Jazz Foundation 21st Anniversary
   デキシーからモダンまで…ジャズと豪華なお料理と
     7月12日、上野・精養軒に270人!“天皇の料理番”ディナーとドリンク飲み放題を満喫
◆天国のサッチモがイタズラ?奇跡を起こし続けた21年
  21年間、皆様の暖かいご支援に心から御礼申し上げます──外山喜雄・恵子
◆駐日アメリカ大使館はじめ皆さまからの心温まるご祝辞
    「ルイは私たちみんなの父親です」──ヘレンメリルさん
◆日本ルイ・アームストロング協会21年の歩み
◆ご寄付とお便り ありがとうございます
こちら
posted by WW通信 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会報ワンダフルワールド通信85号

ワンダフルワールド通信85号 こちら

◆ 久々にWJFならではのアカデミックプロフェショナル特別例会 全米にも通じる!『サッチモとポピュラーミジクの世界』 米にも通じる!『サッチモとポピュラーミジクの世界』
◆専門家、ファン…外山夫妻はもとより“サッチモ一筋”のみなさんが集まって…
WJFならではの久々の例会がサッチモの“もう一つの顔”を活写!
サッチモの世界的コレクター、佐藤修さんが“ポピュラーとサッチモ”を熱弁
◆十字屋さん創業は1874年──ジャズの歴史と伝統の時代をともに歩んで
140周年記念コンサートの最終回をWJFも共同開催で参加できて光栄! 外山喜雄
◆満面の笑顔と共に白人黒人を問わず人々の心の中の奥深く入り込んだ男
◆『21周年を迎え、21世紀を舞台に』再び古き良き時代のジャズの素晴らしさを!!
 演奏・映像・トーク…楽しくわかりやすい「サッチモとジャズの歴史」
◆1994-2015全56回例会 
◆ルイジアナ・ミュージアム基金発行の雑誌に大きく報じられる(全訳)
    新しい展示『ルイジアナ音楽体験』に日本から1万ドル!
◆東京・銀座 の「ジャズひな祭り」
「外山恵子とJazz’n Babies」
◆『瀬川昌久presents「Jazz I Love」
  第27回ミュージック・ペンクラブ音楽賞の“コンサート・パフォーマンス賞最優秀賞に輝く
こちら

posted by WW通信 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

会報ワンダフルワールド通信 84号 2015年3月発行

日本ルイ・アームストロング協会(WJF)20周年
 皆様への感謝を込めて記念特集  84号

◆皆さまのおかげで発足20周年を迎えました
いろいろあった「あの日、あの時」を振り返って──外山喜雄・恵子
◆日本ルイ・アームストロング協会20周年を振り返ってみれば…
カーペンターズの名曲そのもの!「オンリー・イエスタデイ」
──ワンダフルワールド通信編集長、山口義憲
◆日本フィランソロピー協会発行 機関誌「フィランソロピー」記事
──サッチモのハートで子どもたちに夢と希望を 日本ルイ・アームストロング協会
◆数え切れないイベント続き!まさに多彩、多忙な1年を振り返る
華やかに、賑やかに、豪華で楽しく…WJFクリスマスパーティー
モダンジャズ・サックスのベテラン奏者、中村誠一さんの参加が光る
◆永谷さん、西松さん、新宿のみなさん、おめでとうございます!
あの新宿トラッドジャズフェスティバルが都の『東京商店街グランプリ』に輝く
◆昭島ジャズ・ライヴ50回記念
NEW YEAR コンサート
◆<「外山喜雄とデキシーセインツ」と旅するディズニーとジャズの世界>
講談社発行の「ディズニー・ファン」が3ヵ月連続の大特集
◆新春恒例「デキシーランド・ジャズ・ジャンボリー」
いまだ正月気分が漂う1月10日、東京・日比谷公会堂で日
本を代表するデキシー5バンドが出演しての演奏会、第7回
こちら
posted by WW通信 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

ワンダフルワールド通信83号 2014年12月発行

こちら
◆熱く!華やかに!第34回「サッチモ祭」開催
ご来場のジャズファンの皆様、出演バンドの皆様本当に有り難うございます!
◆「ネバー・エンディング・ストーリー」はまだまだ続いています
ジャズの故郷と結ぶ強い絆ジャズの王様、サッチモを愛する仲間が集まって34年…
◆「ブライトキッズ」OB、千葉隆壱君が新浦安でチャリティー公演
クリスマスには渡米、米カーネギーホールに高校生選抜チームで出演も
◆外山喜雄&デキシーセインツと行く「サッチモの旅」…いよいよニューヨークへ
ジャズとサッチモ、グルメ…おまけにヤンキー・スタジアム
サッチモの定宿、アポロ劇場、A列車、LAHM、墓参、ライブハウス、ハーレム・ジャズ博物館…
◆ハロウィーン盛り上げたサッチモとディズニーの楽しいデキシーランド・ジャズの世界
三菱自動車東日本大震災チャリティライブin October
◆セインツは引き続き“ジャズのまち”宇都宮へ!こちらも「東日本大震災の復旧・復興を応援」
『MIYA JAZZ INN』の開幕を告げるデキシーパレードとコンサートにゲスト出演
◆懐かしのTV 番組『シャボン玉ホリデー』再現
玉川高島屋S・Cで“ハッピー・ジャズライブ”
◆第24回定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台(9月13〜14日)から
◆今年も素晴しかった“サッチモ心の旅”
NYCで感激のストーリーが飛び出す
JATP来日とベニー・カーター夫人の思い出
◆ご寄付と嬉しいお手紙
ありがとうございます

こちら

posted by WW通信 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

ワンダフルワールド通信第82号 2014年9月発行

ワンダフルワールド通信第82号
こちら

◆ジャズを巡る“心の交流”で盛り上がった2014年「サッチモの旅」
復興へ…ニューオリンズ・ジャズ博物館に$10,000寄贈
A列車でハーレムへ、アポロ劇場でのアマチュアナイト鑑賞も貴重な体験
◆今年のハイライトはジャズ博物館でのプレゼンテーション
ルイジアナ州副知事らVIPも顔を揃える
タイムズ・ペキューン紙のシーラ・ストロープ記者が写真と共に同紙に活写
◆7月30日、成田空港を発ってニューオリンズへの長〜い、長〜い空路
一行18人、“ジャズの故郷”からNYCへ…ジャズ満喫の旅が始まる
◆さあ本番!セインツがメインステージで大喝采あびる
ジャズクルーズ、ジャズ・ミサ、壮絶トランペット・バトル
◆石井一さんにとってもニューオリンズ・ニューヨーク“ジャズ心の旅”
超ホットなステージを真下から立ち見で応援、「君たちが一番受けていた!」
◆瀬川昌久presents「JAZZ I LOVE―サッチモから日本のジャズまで─」
トップ・アーティストも卒寿を祝って駆けつける
貴重なジャズの映像を交えタップダンスや日本版サッチモ・オールスターズ熱演
◆MIN-ON JAZZ SELECTION LIVE デキシーランド・ジャズの祭典2014
外山夫妻をナビゲーターに12都市でスウィング!
Shannon Powell New Orleans Traditional All-Star Jazz Band
◆不思議な‘縁(えにし)’が続く
これもサッチモのイタズラ!?

こちら
posted by WW通信 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

ワンダフルワールド通信81号  2014年6月発行

ワンダフルワールド通信81号  2014年6月発行

こちら
◆超豪華に『国際ジャズデイ 大阪』(International JAZZ DAY OSAKA)開催
外山夫妻がサッチモでデイ・プログラム開催ファンファーレ
東北とニューオリンズを結びつけた“ジャズの力”を世界に発信
◆ユネスコ親善大使のハービー・ハンコック氏も夫妻の活動を絶賛
「音楽はいつも文化の橋渡しとなってきた。ジャズの役割は大きい」
デイ・プログラム冒頭で新聞記事を掲げ日米ジャズ交流を紹介
◆出演者とともに『国際ジャズデイ 大阪』グローバルコンサートへ
「魅力あふれるステージオンパレードだった」
仙台から駆けつけた佐々木孝夫さんがホットな1日を特別寄稿
◆魔法のように世界に広がった善意
『国際ジャズデイ 大阪』を振り返って
──外山喜雄・恵子
◆律子夫人からジャズ博物館に多額の寄金
──故増山瑞比古氏が天国から支援!?
  6月末現在、義援金は100万円を突破
◆ジャズ界などから多士済済…ユニバーサル・ミュージック社に参集
『サッチモは世界を廻る』フル・バージョンなど2本、本格上映
感動、感激、驚き…後日、みなさんから次々と感想も寄せられて…
◆G.アヴァキアンさん、95歳!
お誕生日、おめでとうございま〜す
◆日本にはお馴染みのジャズ評論の泰斗
瀬川昌久さん、卒寿を迎えて…
◆篠田次郎さんがメルマガで披露した…
サッチモの仙台ジャズコンサート秘話
◆アポロ劇場からコンサートにご招待!!
豪華になった今年の「サッチモの旅」
──現在も参加者募集中です

こちら

posted by WW通信 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

ワンダフルワールド通信80号 2014年3月発行

こちら
◆ニューオリンズ「ジャズ博物館」復興、再開を
緊急支援! 日本からも応援しよう!!!!
ジャズ仲間に呼びかけ、WJFも募金スタート
・・・すでにスウェーデンやフランスも支援活動を始めている
WJFは今こそ“支援の輪”のイニシアティブを!
◆初のリーダー・アルバム『世界は日の出を待っている』
2014年の主役は恵子さん!新春に華麗な幕開け!
恒例の「デキシーランド・ジャズ・ジャンボリー」も席巻!
◆外山夫妻とセインツが中学校へ“出前”
 初めてのジャズに子供たちは大感激!
◆PIANO & BANJO 外山恵子さんの初リーダーアルバムCDリリース
◆あのシャノン・パウエルがやってくる!!
各地で公演、外山夫妻がナビゲーター
◆映像『サッチモは世界を廻る』公開開始
 早稲田大学を皮切りに「出前します」
◆賑やか、華やかにWJF親睦JAZZクリスマスパーティー
「次はもっと大規模、盛大に…外山夫妻の国会表彰も!」
  特別招待の石井一さんが“2大公約” 「私が言ったことは、必ず実現させます」
◆WJF スタッフ渡辺研介さんのニューオリンズ・レポート
 ジョージ・ルイス出生の原点、そしてその生涯に迫る
  テューレーン大学ジャズ資料館で伝説のクラリネット奏者を求めて
◆ニュー・オルリンズ「タイムズ・ぺキューン」紙1969年1月4日から
  ジョージ・ルイスの最期を讃えるジャズ葬
◆アメリカ在住のご婦人からのメールが思わぬ広がりを見せる
 「1953年のルイ・アームストロングの横浜公演について」
  初来日の詳報が届けられると“銃に代えて楽器を!”にまで目を向けて下さった
◆海を渡った「スウィング・ドルフィンズ」
   駐日米大使館WEB マガジンが特集
◆ご寄付と嬉しいお手紙  ありがとうございます
http://wjftuushin.up.seesaa.net/image/EFBC98EFBC90E58FB7E7B5B1E59088-9b120.pdf
posted by WW通信 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

ワンダフルワールド通信第79号 2013年12月発行

ワンダフルワールド通信第79号 2013年12月発行
◆ 外山夫妻の41年ぶりLONDON “センチメンタル・ジャーニー”
英バリー・マーチン楽団当時の仲間らと鮮烈ジャムセッション!
“あの日々”が甦り、WJFの“いま”に至った源流を辿って…
◆ 年10月13日、NY 州ロングアイランドの自宅で逝去、享年91歳
ジェリー・ロール・モートンの再来ボブ・グリーンに捧げて合掌!
東日本大震災被災地とニューオリンズの絆──50年の友情が生んだ素敵な出来事(外山喜雄)
◆ ──第33回記念!今年も華やかに開催しました──
「サッチモ祭」(TOKYO NEW ORLEANS JAZZ FESTIVAL)
お馴染みのバンドは健在!新たに参加のヤングバンドも大熱演
◆ 記念すべき40周年を迎えたジャズの街うつのみや「MIYA JAZZ INN」
地元バンド「スウィンギングハード・オーケストラ」は創立45 周年!
リーダーでWJF に毎年寄付金を送って下さっている吉原郷之典さんに聴く
◆ 外山恵子さん、初のリーダー・アルバム
セインツ全員がバックアップしてレコーディング
◆ いろいろありました2013年
夢のようだった1年を振り返って
──外山喜雄
こちらから
posted by WW通信 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする